HOME>アーカイブ>プランニングでは実際に見学するほか耐震性に軸足を置くのも大切

建ててからでは遅いから

住宅模型

オーナーの願いを叶えてくれる施工業者を探すことは、注文住宅を建てる際の基本ですが、自分でも知識を身につけておく必要があります。そこで、栃木で注文住宅のプランニングを始める時は、住宅展示場へ積極的に足を運び、自らの目と感性で実例を確かめるのが大切です。パンフレットや誌面でも詳しい知識は得られますが、空間の広がり具合や使い勝手などは体感しなければ把握できません。実際に見て触れることで見解が大幅に変わることも珍しくないため、基礎知識を蓄える意味でも重要なプロセスとなっています。自分が建てた家でこんな筈じゃなかったとなれば大変ですから、数多くのモデルルームを見学しておくのは外せない豆知識です。

家は仕組みによって耐用年数が違う

一軒家

どの仕組みで家を建てるか決めることも、注文住宅のプランニングでは粗略にできないポイントです。分譲住宅の木造家屋なら木造軸組という仕組みも一般的ですが、注文住宅ならそれ以外でも、様々な仕組みで家を建てられます。とくに最近ではRC造の注文住宅も注目を集めており、栃木県にもこの仕組みを得意とする施工業者が少なくありません。この建て方はビルなどの高層建築物に多い鉄筋コンクリートのことですが、その堅牢性から個人住宅でも人気が高くなっています。木造家屋はもちろん鉄筋造や鉄骨造よりも耐用年数が長く、40年以上持つなど、耐久性が極めて高いのです。

地震で倒壊し難い理由はその仕組みにあった

間取り

RC造の家屋が木造住宅より耐震性に優れている理由は、その仕組みの違いにもあります。木造軸組で建てられた住宅の場合、地震時の負荷は、柱や梁の接合点に集中するのが一般的です。ところがRC造はコンクリート製の外壁や床といった面で支える構造のため、荷重がピンポイントに集中することはなく、面で分散して受ける仕組みとなっています。過去に起きた大きな地震でRC造の住まいに被害が少なかったのは、この仕組みによるものです。そのため栃木県で地震に強く、長く住める注文住宅を建てたい時は、RC造で建築するのも魅力的になります。